読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギークハウスに住んだ約二年間のことをひとり語りする

この記事はギークハウス Advent Calendar 2016 - Adventarの10日目の記事です。

www.adventar.org

ギークハウスとの出会い

二年ちょっと前に、友達の結婚式があるというんで東京に来る機会があった。九州からわざわざ 35000円飛行機代払って、結婚式だけで帰るのもなんだかね、てことで東京で2日間くらい多めに過ごすことにした。

東京の真ん中っぽい新宿で適当に Airbnb で2500円くらいの安宿を探して泊まった。一人で。そこがギークハウス新宿2丁目だった。

泊まった感想はまあ普通の過ごしやすい安宿。猫がいて、みんな MacBook いじってた。

暇だったので、住民に本棚の本を読んでいいか聞いて、phaさんの「ニートの歩き方」を何の気なしに手にとって読んだ。ギークハウスをつくったとか書いてあって、ここやん!?ってなったのを覚えてる。

引っ越すことにした

それから3ヶ月くらいたって、田舎暮らしも飽きたしなんか面白い事ないかなーって思って、とりあえず東京に引っ越そうと決めた。部屋を借りる余裕はなかったので安く住めるとこを探して、ギークハウスでググったら新宿二丁目なら家賃5マンで住める事を知った。ギークハウス新宿二丁目を運営してる @tokisaba さんに Twitter で連絡して、ギークハウスの住民になった。

この時は半年とか一年バイトでもして、お金がたまり次第、部屋を借りてギークハウスを出ようと思ってた。

引っ越してから

仕事がなかったのでニートしながら、ギークハウス界隈の掃除の手伝いのバイトをさせてもらったりして過ごした。

たまに各ギークハウスで定期開催されてたゆるい飲み会とかに参加した。そこには色んな人がいた。ニート、いろんな会社のエンジニア、なんか頭良さそうな人、意味分からない系の人、うざいおっさん、とか。話も割りと面白いので、居心地がよかった。エンジニアの人と話してると、プログラミング面白そうやん。って思った。

就職した

Wantedly で適当に仕事を探して、ニート期間3ヶ月を経て、エンジニアとして就職した。iOSアプリ、webアプリを受託開発したり自社のwebアプリに新しい機能を追加したりする感じの仕事。

プログラミングは全くの未経験だった。インスタンスとかクラスとかDBとか、エンジニア用語を単語レベルで知らないレベルの素人だったので、全く役に立たずに最初から教えてもらった。結構シバかれた。

就職してから

一応あまり教えられずとも仕事できるようになってきた。ので、シバかれることはだんだん減ってきた。

休みとか仕事の後は、ギークハウス新宿二丁目の下にあったギークバーで飲んだり、代々木のギークハウスにプログラムを教えてもらいに行ったり、だらだらしたり、もくもくしたり、クラブにいったり、magic the gathering したり、プログラムの勉強会にいったり、ギークハウスのイベントに参加したりして過ごした。

東京に知り合いはほとんどいなかったけど、ギークハウスのコミュニティにいると何かしらイベントがあるので、退屈しなかった。

一人暮らしをするつもりだったけど、ギークハウスはそこそこ快適でたまに面白いし、一人暮らしのメリットがよくわからなくなったので、やめた。 

住民を卒業することにした

彼女ができて、一緒に住みたいので、約2年住んだギークハウスを今月末で出ることにした。

終わりに

ギークハウス、いいところ。卒業しても適当にイベント行ったりしようとおもうし、機会があれば戻ってくる。気になってるあなたは一度泊まってみるといいと思う。

 

 

 

明日は hogefuga123 さんです。